FC2ブログ

あの頃の気持ち

神様が笑ったような気がした


隆也久しぶりにアップです。それも、よくわかんないお話。
人前でパクッてやっちゃう隆也が可愛いと思って衝動的に書き上げたものです(私が書くもの殆どが衝動的に書き上げてます。笑)それも彼女に言われるまで気付かない隆也って・・・アホだな。

就職活動でテンパッてるんです。本当テンパッて仕方ないんですが、周りから見たら私はいつも通り気楽な感じだそうです。内心やばいよー!ビビリだよ。私はビビリー!I'm ビビリー!!泣。
こんなテンションで書いたので、あんなものが出来ました。隆也メインで行くって決めたんだから、隆也の小説もっとないとダメだああ!!と更にテンパります。テンパってばっかです。誰か助けて・・・!!泣

とりあえず、明日の最後の面接練習に緊張してます。

うちの洗面所には歯ブラシ、歯磨き粉、鏡、父の髭剃るやつとハリー・ポッターの杖が置いてあります。ちょっと面接の事はどうでもいいかな思った瞬間でした。
スポンサーサイト

カテゴリー:text

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

家長碧華

Author:家長碧華
HQにハマって毎日辛い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

リンク